ハムスターの餌入れ(エサ入れ)を選ぶポイント

ハムスターの餌入れ(陶器)ハムスターを飼うための準備・飼育グッズ

ハムスターを飼うために必要なグッズの一つに餌入れ(エサ入れ)があります。

ペットショップで必ず買う必要はありません。家にあるもので補えますが、ただ少しだけ注意点があります。

ハムスターの餌入れを選ぶポイント失敗談を紹介します。

 

ハムスターの餌入れを選ぶポイント

餌入れでエサを食べるハムスター

ハムスターはおやつ以外はハムスターフードをメインに食べます。それを入れるのが餌入れです。

ハムスターフードとは栄養バランスが整ったフードで、固形1cm〜1.5cmぐらいの食べ物です。

この大きさのハムスターフードがたくさん入る餌入れを選びましょう。

  • ハムスターがひっくり返さない容器を選ぶ
  • ハムスターが取りやすい大きさの容器を選ぶ
  • ハムスターがかじらない陶器がおすすめ

総合すると、ハムスターの餌入れはやや大きめの重みのある陶器を選びましょう

大きいサイズの容器の方が、複数ハムスターを飼っている場合は特に食べやすいのと、掃除がしやすいなどの理由があります。

 

ハムスターの餌入れ(陶器)

ずしりと重い陶器タイプの餌入れ。これだと簡単にはひっくり返せません。

 

失敗体験:プラスチックの餌入れだとハムスターがひっくり返してしまう

ハムスターの餌入れ(プラスチック)

私が最初にハムスターを飼った時に、ケージやトイレ、回し車(ホィール)などがセットになった飼育セットを買いました。

その中に餌入れも付属していました。

上の写真からもわかるようにプラスチックでできた餌入れです。

 

ハムスターの餌入れ(プラスチック)

プラスチックは軽いので、ハムスターが簡単に餌入れを移動させることができます。

この写真のように餌入れに入ってしまうこともありますよ。

プラスチック容器だと、自ら動かしたいのではなく、移動中にあたり簡単に移動できてしまうのです。

簡単に移動できないようケージの角にセットしても、気がつけば移動しています。

ハムスターは夜活動するので、朝起きて確認すると、エサ入れがひっくり返して倒れていることがよくあります

そうなるとエサが床にばらまかれた状態になってしまいます。またハムスターもビックリしますからね。

この経験からもわかるように、ハムスターの餌入れは重みのある容器を選ぶようにして下さい

 

ハムスターを飼うための準備・飼育グッズ」に戻る

タイトルとURLをコピーしました