ハムスターのかじり木は必要?後から買い足すのがおすすめ

ゴールデンハムスター(キンクマ)がかじり木を噛んでいるハムスターを飼うための準備・飼育グッズ

ハムスターは歯がよく伸びます。途中で歯が欠けたり、曲がったりすることがあるので、それを予防するためにチェックしたり、場合によっては「かじり木」を用意してあげることが必要になります。

ハムスターを飼ってみてわかったことですが、かじり木の購入は必須ではありません

私は最初購入しませんでしたが、途中で買い足しました。

「なぜ途中からかじり木を買い足す必要があったのか?」それについての答えは、ハムスターのサインにあります。

経験から「ハムスターにかじり木が必要か?」や「後から買い足すことをおすすめする理由」を紹介します。

 

ハムスターのかじり木は必要か?

「ハムスターにかじり木は必要か?」に対する私の答えは以下の通りです。

ハムスターがケージ内の何かをかじるようになったら購入しよう

私も最初は購入予定はありませんでした。しかし、ハムスターがある日からサインを出します

下の写真を見て下さい。

ゴールデンハムスターが回し車(ホィール)の中央をかじっている

飼い始めてから3〜4日後、突然ハムスターが回し車(ホィール)の中央をかじり始めたのです。

回し車(ホィール)の中央をかじる音は少し低音で「ゴリゴリゴリ」と独特です。そのため、見ていなくても頻繁にかじっているのがわかるようになりました。

このような行動を何度も見た時に初めて「かじり木が必要だな」と感じました。

 

ハムスターがケージ上の金網をかじっている

ある日からグッズの一部を噛みだすことがあります。金網の部分をかじることもありますね(上の写真参照)。

このようなサインを出したハムスターだけ、かじり木を後から買い足すのが良いかもしれません。

 

ハムスター全員がかじり木を噛むとは限らない

ゴールデンハムスター(キンクマ)がかじり木を噛んでいる

最初からかじり木を買ってしまうと、「ハムスターがかじり木をかじらない!」という場合もありえます。

かじり木を噛む・噛まないについては、ハムスターそれぞれの個性や性格が関係しています

私も複数ハムスターを飼っていますが、かじり木をよくかじるハムスターと、そうでないハムスターがいます。

なので、必須グッズではありません。

ケージ内の一部をかじり始めるようになったら買うようにしましょう。

 

かじり木は毎日かじるとボロボロに!噛んだ一部は部屋中に捨てられている

ゴールデンハムスター(キンクマ)がかじり木を噛んでいる

かじり木の購入後、毎日のように噛むようになりました。するとあっという間にかじり木がガタガタになりますよ。

かじり木を手で持ってみると棘(トゲ)が刺さりそうなほどガタガタです。

噛んだかじり木は口の中に入れたりしますが、その後、口から出しているようです。

毎日10分ほど掃除をする時に、色々なところにかじり木の破片が捨てられています。

この破片は少し尖っているので、掃除の時にみつければ捨てるようにしています。

最初の頃は「ハムスターの口の中が怪我をするのでは?」と思ったりもしましたが、特にその心配はなさそうです。

今のところそのようなことはありませんが、念の為、かじり木の破片があれば捨てるようにしています。

 

かじり木が固定できるのであれば、固定させたほうが良さそう

かじり木(固定・転がし2WAYタイプ)

かじり木は枝のようなタイプと、遊べるタイプの2種類あります。私は遊べるタイプのかじり木を購入しました(上の写真参照)。

遊べるタイプのかじり木だと、固定具も付属で付いています(写真の左側)。

もし金網のケージを使っているのであれば、金網にかじり木を固定させたほうが良いかもしれません。

しかし私が買ったケージはプラスチックのケージなので固定させる場所がなく、ケージの中にただい入れているだけです。

これだと夜中にかじり木を転がしたり、落としたりする音がします。

固定でないと、夜中に回し車(ホィール)を回っている時にかじり木とが重なり、大きなノイズになることもあるので注意して下さい。

 

ハムスターを飼うための準備・飼育グッズ」に戻る

タイトルとURLをコピーしました