チャイニーズハムスターの種類、性格・特徴・寿命など

チャイニーズハムスター(ノーマル)ハムスターの種類

ハムスターの中で体が細くネズミのような体型をしているのがチャイニーズハムスターです。

ジャンガリアンやロボロフスキーなどと同じドワーフハムスターですが、「ヒメキヌゲネズミ」ではなく「モンゴルキヌゲネズミ」に属します。

チャイニーズハムスターの種類と特徴、原産国・体長・体重・寿命について紹介します。

 

スポンサーリンク

チャイニーズハムスターの種類

チャイニーズハムスターの毛色はほとんどがノーマルの茶色灰色(シルバー)になります。

ノーマル

チャイニーズハムスター(ノーマル)

画像出典:Wikipedia

背中に黒い線がぼやっと入っていて、お腹にかけて白くなっているのは、ジャンガリアンハムスターなどと同じです。

他のハムスターより細長いのが特徴。

 

シルバー

チャイニーズハムスター(シルバー)

ノーマルよりも背中の茶色い部分が薄く白くなっています。

 

チャイニーズハムスターの性格や特徴

チャイニーズハムスター(ノーマル)

チャイニーズハムスターはジャンガリアンハムスターと同じ茶色い毛色で大きさもほぼ同じです。

他のハムスターとどの点が異なっているのかをまとみてみました。

  • ドワーフハムスターだが「モンゴルキヌゲネズミ属」である
  • 他のハムスターと比べてしっぽが長い
  • 顔や体は細長い
  • 性格は怖がりなところもあるが、時間をかけると慣れてくる
  • 足先が器用で金網をよじ登る

短いしっぽと細長い体が特徴、毛並みや大きさはジャンガリアンハムスターとほぼ同じです。

体が細長く、特にウエストが細いのが特徴。

ネズミのようにも見えますが、目が大きく丸いので、ハムスターの可愛らしさがあります。

穏やかですがすばしっこさもあります。足先が器用で、よじ登ったり、ウッドチップなどのマットを動かして細工したりしたりできます。

高いところでも平気なので、ケージからの脱出には気をつけましょう。

ハムスターと言えばホィール(回し車)好きですが、チャイニーズハムスターはあまり遊びません。

 

原産国

  • 南シベリア
  • 中国北東部
  • 朝鮮半島

モンゴルキヌゲネズミ属だけに中国北東部や朝鮮半島、南シベリアが原産国です。

ハムスターの原産国(出身地)を比較!種類別に紹介
ハムスターの原産国(出身地)について。種類別に比較しました。分類により異なる。

 

体長

  • オス:11〜12cm
  • メス:9〜11cm
  • 尻尾:2.8cm〜3.1

平均11cmぐらいで、メスの方がやや小さいです。他のハムスターに比べ細長いのが特徴。

しっぽが2.8cm〜3.1cmと長いです。

ハムスターのサイズ(大きさ)を比較!体長・体重を種類別に紹介
ハムスターのサイズ(大きさ)について。体長・体重を種類別に比較しました。

 

体重

  • オス:35kg〜40g
  • メス:30kg〜35g

体重はメスの方がやや軽いですが、パット見だけでは見分けはつきにくいです。

ハムスターのサイズ(大きさ)を比較!体長・体重を種類別に紹介
ハムスターのサイズ(大きさ)について。体長・体重を種類別に比較しました。

 

寿命

  • 約2年

寿命は平均で2年ぐらいだと言われています。

ハムスターの寿命
ハムスターの寿命について。種類別に比較しました。ストレスを感じさせない飼い方が長生きの秘訣。

 

ハムスターの種類」に戻る

タイトルとURLをコピーしました